実際の受講内容に関して

実際の受講内容に関して

在宅翻訳アカデミーを受講してどういう事を学ぶのかというのも気になる部分だと思います。

実際に申し込みをしてどういう事を学ぶ事が出来るのか、具体的な部分に関しても実際の受講生からのお話を聞く事が出来ましたので、ここでは具体的なレッスン内容についても触れていきたいと思います。

これから在宅翻訳アカデミーの受講をしようと考えている方は実際にどういったレッスン内容となるのか確認しておくと良いかもしれませんね。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

基本はオンライン動画配信

まず基本的な事はオンライン動画の配信の見る事から始まります。

内容としては1日に60分の動画を見るだけ。もちろんパソコンから見る事も出来ますが、スマートフォンからも見る事が出来る為、どこでも好きな時に見る事が出来るというのは便利ですね。

また、連続してみる必要もなく、1日に合計で60分の時間を用意すれば良いという事なので、まず30分動画を見て、後で残りの30分を見るという活用の仕方も出来ます。

自分の時間を有効的に使えるというのは嬉しいポイントの一つだと思います。

また配信内容の補助テキストも配信されていますので、動画だけではなくしっかりと復習も出来るようになっています。

チャットサポート

受講生同士が参加可能なグループチャットが期間中は無制限で利用する事が出来ます。

内容としてはもちろんプログラムの内容に限った事になるようですが、受講生同士の交流に利用する事が出来ますし、意見の交換や情報の交換もできるので一人でわからない事を抱え込む必要もありません。

まとチャット内では期間内に3回、履歴書の添削を行っているようです。

こうした部分が実際に翻訳を仕事にしていく上では重要なポイントになるので積極的に活用していきたい所ですね。

様々なイベントへの参加

在宅翻訳アカデミーの受講生であれば月に1度行われるというセミナーや作業会に参加する事が出来ます。

その他にも浅野正憲の翻訳イベントに参加する事が出来たりと、しっかりと自分で翻訳という仕事に関する事を直接目の当たりにする事が出来るというのは翻訳を仕事にしていく上で大きな武器になります。

さらには参加条件を満たせばチャット内で行われるトライアル合格奪取の為のブートキャンプへの参加であったり、トライアル合格後にもトライアル合格者限定のチャットに参加する事が出来るようにもなるとの事です。

ここではより高単価な仕事の紹介をしてもらえたり、様々交流をもつことが出来たり、特別な勉強会も行われるとの事でしっかりと翻訳を仕事にしていく為のサポートをしてもらえるというのは嬉しいですね。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ TOPページを見る