プロ翻訳者へのデビューとは

プロ翻訳者へのデビューとは

実際にプロの翻訳者になるまでの流れはご存知でしょうか?

もちろんプロの翻訳者としてデビューするまでの道のりは一つというわけではありませんが、ここでは在宅翻訳アカデミーを受講する事でどのようにプロの翻訳者として活動していくのかという事について触れていきたいと思います。

私の場合には全く別の角度から私のもっているコミュニティで翻訳者としての仕事をするようになりましたが、在宅翻訳アカデミーには在宅翻訳アカデミーなりの道のりがあります。

実際に受講する事を考えている方は自分がどういう流れで翻訳家になっていくのかという事を知っておくのも大事な事でしょう。

翻訳会社の現状

まず翻訳会社というのがどいうものなのか知る必要があると思います。

翻訳会社というのは日本にとどまらず、世界中に膨大な数が存在していますが、実は翻訳会社の中には報酬が支払われなかったり、単価が極端に低かったりする所もあります。

在宅翻訳アカデミーではその参加者全員に“優良”な翻訳会社と仕事が出来るような選定基準を明示しており、それに沿ってトライアルを受ける翻訳会社を選定するようになっています。

実際に私の関わっている翻訳会社も在宅翻訳アカデミーの選定している翻訳会社に入っているようです。

その事からも在宅翻訳アカデミーの選定基準は確かなものと言えるでしょう。

実際にトライアルを受けるにあたって

トライアルを受ける前には翻訳会社の書類審査に合格する必要があります。

ここでの失敗点としては多くの人が“英語が出来るというアピール”をしてしまうという事。

実際に大切なのは翻訳の実績です。

在宅翻訳アカデミーでは高確率で書類審査に合格する独自の履歴書(CV)の書き方のコツがあり、それを学習して履歴書を作成し、さらには在宅翻訳アカデミーによって添削もしてもらう事が出来るので、実際に翻訳会社に提出する書類はかなり完璧な状態のものを提出する事が出来るようになります。

私も立場的に英語を指導する仕事をしてはいるものの、実際に仕事として英語と向き合うにはやはり実績が何よりも大切な事です。

そういった事を在宅翻訳アカデミーでは学ぶ事が出来るというのが非常に実践的であり、プロの翻訳家を多数輩出する要因になっているのでしょうね。

書類審査合格後

書類審査に合格すれば、次に翻訳会社のトライアルに挑戦となり、そこで合格すればもうプロの翻訳者デビューする事が出来ます。

トライアルに合格できなくても、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングで稼ぎながら、トライアルに受かるまで挑戦し続ける事が出来ます。

もちろん一概には言い切れませんが、在宅翻訳アカデミーではトライアル合格の為のカリキュラムが組まれているので、トライアル合格も時間も問題ともいえるでしょう。その後は実際に翻訳会社と契約を結んで翻訳者と仕事をしていく事が出来るようになります。

TOPページを見る